富士吉田市外ニヶ村恩賜県有財産保護組合の紹介

組合の歴史を今に伝えるモニュメントたち「恩賜林ふれあい広場」

「富士吉田」「山中湖」「忍野」を表したモニュメント

  • 「富士吉田」「山中湖」「忍野」を表したモニュメント

組合が所有する土地にはじめて独立した事務所を構えたという歴史的意義のある場所であることから、富士吉田市上吉田地区に1市2村入会住民の皆さんのためのふれあい広場を1995年(平成7年)に設置しました。
この公園は旧11か村が富士山北面の入会の元来の主体であったことから「11」、明治期における5か村への合併から「5」、現在の一市二村を表す「3」、それぞれの数をモチーフとした3種類のモニュメントを配してあります。

最も古い旧11か村の名前を刻んだ柱
最も古い旧11か村の名前を刻んだ柱
明治の5か村時代の地図
明治の5か村時代の地図です