最新情報

RSS

職員採用試験について

2019年07月08日更新

 令和2年4月1日に採用する職員の採用試験を行います。

職務

組合の一般業務(身分:一般職の地方公務員)

資格・採用予定数

◇事務職Ⅰ 《若干名》
大学卒業又は卒業見込み並びにこれらと同程度の学力を有する者
平成2年4月2日から平成10年4月1日までに生まれた者
※富士吉田市、山中湖村及び忍野村忍草内に在住する者又は採用後当該地域内に在住する者

試験

第1次試験
(山梨県町村職員統一試験実施委員会による町村職員統一採用試験)
日  時 :令和元年9月22日(日)
場  所 :山梨大学 甲府西キャンパス
      甲府市武田4-4-37
試験内容 :教養試験、事務適性検査、一般性格診断検査

第2次試験(第1次試験合格者のみ実施)
日  時 :10月中旬ごろ
場  所 :富士吉田市外二ヶ村恩賜県有財産保護組合庁舎
      富士吉田市上吉田5605番地3
試験内容 :論述試験、口述試験

申請方法

申請用紙の請求及び申込みは、恩賜林組合総務課職員担当まで
申請書の交付は7月8日からです。

申込み受付期間

7月16日(火)~8月16日(金)午前8時30分から午後5時15分まで 
ただし、土曜日、日曜日及び祝祭日は除く。

申込み・問い合わせ先

総務課 職員担当 電話0555-22-3355(内線222)

その他

※ 詳しくは、本組合などで交付する「令和元年度山梨県町村職員統一採用試験案内」をご覧ください。
※ 恩賜林組合に関心がある方には、組合要覧(組合の事業等をわかりやすくまとめた印刷物)を送らせていただきますので、ご連絡をください。

若手職員による志望動機・恩賜林組合に勤務した感想

【加々見拓真 本年入職】
 私は、高校まで富士吉田市で過ごし、大学生活は東京で過ごしました。東京で就職するか地元へ帰るかで悩みましたが、生まれ育った地元の自然の素晴らしさと世界文化遺産である富士山の真下で仕事がしたい、地域のために何かの役に立ちたいと思い、恩賜林組合を知りました。
 当組合は、「一部事務組合」といって、富士吉田市・山中湖村・忍野村(忍草)と連携して、地域住民の生活基盤である富士北麓地域の経済活性化に貢献していく団体であり、国や県からの交付金や補助金等で組合を運営しています。また、富士山北面の原から生活の糧を得ながら、森林の保護・育成に取り組んできた歴史のある組合でもあります。
 私は、この恩賜林組合で多くの自然とともに、一市二村の住民のために毎日頑張っています。