旧11か村入会組合の紹介

恩賜林組合近代化の源 「旧11か村入会組合」について

火入れ

  • 火入れは入会における大事な明認行為です。

旧11か村入会組合は、入会行為の実践や啓蒙活動をとおして、入会権を擁護していくことを、重要な任務としています。また、富士山北面入会地を、北富士演習場に提供することによって、地元住民が山野草などの採取を制限されることから受ける損失を、国が補償していますが、これに対応する住民の組織としての一面も兼ねています。

組織図

組織図

火入れとは?

火入れ

 北富士演習場内国有入会地の火入れは、組合関係入会住民が富士北麓に旧来から有する入会慣習に基づいて、林野雑産物の育成や増産、入会行為の利便及び入会権思想高揚等を図ることを目的に、入会権の明認行為として毎年春先に行う野焼きのことであり、旧11か村住民の入会権擁護の重要な行事の一つとなっている。
 現在、この国有地が北富士演習場として設定されていることから許可された立ち入り日の中から一日間を火入れ実施日と定め、本組合及び旧11か村入会組合が主体(責任団体)となって、入会住民総出で実施している。この土地は旧11か村総有の入会地であるが、火入れ実施に際しては、原則として富士吉田市・山中湖村・忍野村(忍草)のそれぞれ最寄りの場所で火入れ式・火入れ宣言等を行い、地域を分担して国有入会地(約1900ha)に火入れを行っている。