組合長あいさつ

                                     平成28年4月

あいさつ

 富士吉田市外二ヶ村恩賜県有財産保護組合長の武川 勉でございます。
 本組合が、旧11ヶ村、(上吉田村、松山村、新屋村、下吉田村、新倉村、大明見村、小明見村、山中村、平野村、長池村、忍草村)入会集団の管理統制事務を引き受けまして、今年で115年が経つわけでありますが、私は、この歴史の流れの中で一貫して守られてきたことは、「入会住民の利益」ということであったかと思っております。
 私は、このことを組合の原点とし捉え、一市二村それぞれの立場を尊重し、また、組合議会、入会組合の意見を伺いながら、今後、富士山北面の森林の保護育成、入会権の伸長、入会住民の福祉の向上等に努めて参りたいと考えております。
 今後とも、入会住民の皆様方におかれましては、ご理解とご協力をお願い申し上げる次第であります。

  組合長 武川 勉